軽自動車が車検を受けるとき、普通車と違うところがあります。それは車検を受ける場所、そして査定ラインの順番です。あとは必要な書類も普通車と同じですし、2年ごとに受けるのも普通車と同じです。受ける場所の違いというのは、普通車の場合は自動車検査登録事務所という場所で受けます。でも軽の場合は軽自動車検査協会というところで受けます。行く前にはきちんと予約をしなければいけません。査定ラインの違いは、普通車の場合は同一性の確認・外観検査、そしてサイドスリップ検査、そしてスピードメーター検査・ヘッドライト検査・ブレーキ検査を行います。そして排ガス検査、下回り検査になります。軽自動車は同一性の確認・外観検査、そして排ガス検査、そしてサイドスリップ検査、スピードメーター検査・ヘッドライト検査・ブレーキ検査、下回り検査の順番になります。

維持費を抑えるなら車検費用が安い軽自動車が有利

若者の自動車離れが語られるようになって久しいですが、その理由の一つには、維持費が高い点も挙げられています。事実自動車の維持費は高い傾向にありますが、その点、軽自動車なら維持費を比較的安く抑えることができます。例えば、車検なども普通自動車に比べて安い費用で通せます。また、車検を通す場合には不可欠となる重量税や自動車税もお得な納税額になっていますから、税金面でも有利な自動車になります。それらは自動車の維持費の中でも大きな負担になる項目ですから、軽自動車の優位性が際立つ部分です。一方、車検を更にお得に通す方法と致しまして、早期予約割り引きを適用させることが有効です。専門業者では大抵その割り引きが用意されているので、三ヶ月前や半年前など、期限が切れる前よりも早く申し込みますと、費用を安くすることができます。

元々安い軽自動車の車検費用をもっと安くする

自動車の継続検査では重量税も大きな割合を占める費用ですが、軽自動車はその税額が低いため、車検費用も安いことが一般的です。そのためディーラー系のお店に依頼致しましても、低めの費用で済みます。しかし車検専門店などに依頼することで、更に安い費用を目指すことが可能です。ディーラー系のお店よりも基本料金が安いということもありますが、割引特典が利用できることも大きな魅力です。例えば早期割引や学割、あるいはレディース割引やシルバー割引など、各お店で趣向が凝らされた割引特典が提供されている場合が多々あります。それらを効率的に適用させますと、元々安い軽自動車の車検費用が更に安くなりますので、とても魅力的な金額で車検が行えます。依頼先のお店選びはネットの一括見積もりサイトを使うことでも可能ですが、早期割引を狙うためにも早めに調べることがお勧めです。