普通自動車も軽自動車も、車検を受ける間隔は同じになります。新車時は、3年目に初めて検査を受けることになり、その後は2年に一度に検査を受けることになります。またこの時に必要とされる書類なども、同じ内容になっており、大きく違う所は、検査を受ける場所と検査ラインの順番と言うことになります。普通自動車の場合には、陸運局と呼ばれる自動車検査登録事務所で検査を受けることになります。これに対し軽自動車は、軽自動車検査協会において検査を受けます。更に最近では、個人でこの検査を受ける人が増えて来ています。この二つの検査場は、隣接しているように感じますが、全く別な所にある事が多く、車検を自分で受けると言う人には注意が必要です。今の時代、この車検を受けようとする時、インターネットでも申し込むことが出来ます。この予約を受けておかないと、検査を受けることが出来ないと知っておきましょう。

軽自動車の車検の方法

軽自動車は、小さな車体であるということから利用しやすい車であり、最近では車体が小さいながらも車内が広々とした設計となっている車も多いということから、購入者が増えてきており、税金の安さというところも人気の理由となってきています。軽自動車を利用していくためには、普通乗用車と同じく、二年に一度は車検を受けるということが必要となっており、新車であれば三年に一回の検査で大丈夫であるものの、利用してきた車であれば、二年に一回の検査がひつようとなります。軽自動車の車検は、普通乗用車とは少しだけことなっており、検査を受ける場所と車についての検査内容が異なってきます。軽の場合には車が軽いということから、車体を持ち上げて車の下から覗きこむような形で、検査を行ったりなど、軽ならではの方法で検査を行っていきます。

軽自動車の車検にかかる費用の違い

普通乗用車と軽自動車の車検にかかってしまう費用の違いには、自賠責保険料、重量税という費用の違いがあります。自賠責保険料と重量税の金額は、普通乗用車の方が金額が高く設定されていることから、どうしても車検のときには金額が高くなってしまいます。自賠責保険と重量税が安い軽自動車は、検査のときに支払わなくてはならない金額が安いということからもわかるように、負担しなければならない費用を抑えることが可能となっているために、二年に一度の車検にかかってしまう費用が重荷だと感じている方も、軽であれば負担しなければならない費用を少しでも抑えることができるということからもわかるように、検査にかかってしまう費用を抑えることができるので、普通乗用車にかかってしまう費用に比べるとお得ということがわかるので人気が高くなっています。