軽自動車も普通車と同じように、新車購入したときは3年後、それ以降は2年ごとに車検を受けなければなりません。車検が切れたまま車を運転することは認められていません。車に乗るなら誰でもきちんと車検は受けましょう。法定費用を点検、整備費用があります。法定費用は自動車損害賠償責任保険と重量税があります。軽自動車の自動車損害賠償責任保険は、2年間で26300円です。重量税は8800円です。手続きするためには印紙代も必要になります。でもこれは1400円と安い金額なのでそれほど負担にもなりません。法定費用を全て合わせると、36570円になります。この金額もかならずこの金額というわけではありません。購入後の年数が経っている車はもう少し費用が上がることもあります。でもだいたいはこの費用を目安にするといいでしょう。

軽自動車も車検を受けましょう

軽自動車は数年ごとに車検を受けます。法定費用はどこで受けてもさほど変わりはありません。大きく金額が変わる部分は点検と整備の費用です。これはディーラーで受けると一番高くなります。安く済ませようと考えるなら、ガソリンスタンドに頼んでもいいですし、他にも町の整備工場に頼むのもいいでしょう。点検と整備の費用は一律で決まっているものではないので、それぞれのところで金額を設定しています。安い金額設定をしているところを探すといいでしょう。安い金額設定にしているのは、車検に通る点検をメインにしているからです。ディーラーのように、現在は支障がなくても将来的なことを考えて部品を交換するとなると費用が高くなります。でもその分軽自動車や普通車を完璧な状態に仕上げてくれます。だから安心感がとてもあります。安心感をメインに考えるならディーラーがいいでしょう。

軽自動車の車検の見積もり

軽自動車の車検でも、諸費用が安い車屋さんでも、4万円位すると想って良いでしょう。そこに、直す場所があったら、その直す箇所の修理費や部品代などが、加算されてきます。車検をしてもらう前に、見積もりを出して貰います。その時に、最低限車検の検査に必要な箇所だけにして下さい。と一言言うだけで、見積もりの内容も違ってきます。車屋さんも儲けを出したいので、アソコもココも直した方が良いです。と言ってきますが、ココを直さないと車検が、通りません。と言われる場所だけを直して下さい。と言うと、絶対の場所しか直さないので、安く見積もりの金額を提示してもらえます。タイヤの溝が無いと、車検が通りません。そうすると、タイヤも買わないといけなくなるので、そうすると、結構高い金額を提示される事になります。普通車に比べれば、かなり安い車検料になります。

お客様の立会いのもと丁寧に車検を行います。 消耗している部品の具合を目で確認出来ます。 車検でお悩みの方、こちらは申請代行料や事務手数料は0円で安心・迅速の立合い車検をご提供している車検専門店のサイトです。 ブレーキ液やタイヤの摩耗等安全確保の検査項目は沢山あります。 一台の車を長く乗るためには確かな車検が不可欠です。 全国同一検査料13,650円。車種ごとの検査料金も御覧いただけます。 最短45分!車検の速太郎は軽自動車が速くて安い!